エスター

映画

視聴方法

〇
配信中
amazon prime video
×
配信なし
NET FLIX
Tver
ABEMA プライム
hulu

あらすじ

あらすじ

『エスター』(原題: “Orphan”)は、2009年に公開されたアメリカのサイコスリラー映画。
物語は、ケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)の夫妻が、子供を亡くし、家族を支えるために養子としてエスター(イザベル・ファーマン)を迎え入れることから始まります。
エスターは9歳のウクライナ出身の少女で、賢く、芸術的で、見た目はかわいらしい。最初は穏やかな雰囲気の中で、エスターはケイトとジョンの他の二人の子供たちともうまくやっていくかのように見えます。
しかし、次第にエスターの周囲に不気味な出来事が増えていき、家族に異変が生じます。ケイトはエスターの過去を探り始め、驚くべき事実が明らかになります。

映画の見どころ

▶エスターの謎とイザベル・ファーマンの演技

最初は可愛らしいと思っていたエスター。でも「些細なあれれ?」が見え隠れし始め、更に母親にだけ反抗的な態度を見せ始める。あどけない少女っぷりが逆に怖く見えるほど。

エスターを演じたイザベル・ファーマンは1997年生まれなので当時12歳?くらい。名演技ですね。エスターには大きな「謎」があるのですが、彼女の名演技によりその謎には全く気付きませんでした(私は)

イザベル・ファーマン、その後もハンガーゲームに出演したり、昨年公開されたエスター ファーストキルにも出演したりとキャリアも順調な様子。

▶家族だからこそ怖いと感じる

物語は、ケイトとジョン夫妻が3番目の子どもを死産してしまい傷ついた心を癒すため里子をもらうことから始まります。映画を見てる感じエスターは、3番目の子どもとしてと言うより「5人目の家族」としてやってくるという印象を受けます。

ケイトとジョン夫妻は楽しみな反面緊張している様子を隠せていませんし、そんな両親から何かを感じるのか子供たちも緊張しています。そして、家族内で異変を訴えたり、何か変だなーと感じても伝家の宝刀「家族だから」で突っぱねようとするの日本だけじゃなく全国レベルの事なんだなーと痛感。

家族って良いものだって言うけれどメンバーによるよね。信頼出来ない家族ほど怖いものはない。そう考えるとエスターが家族に居る恐怖は…。

映画の感想

映画タイトル▶
エスター

製作▶2009年 アメリカ
劇場公開 2009年10月10日

上映時間▶128分

出演キャスト▶
ケイト役 ベラ・ファーミガ
エスター役 イザベル・ファーマン
ジョン役 ピーター・サースガード

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

ともぴん

コメント

タイトルとURLをコピーしました