ハリー・ポッターと賢者の石

映画

懐かしい!シリーズ第1作

年が明けて金曜ロードショーで放送されていたので久しぶりに鑑賞。amazon prime videoでもシリーズ通して鑑賞可能。途中から前後編に分かれたので作品数が多く8本。今作はその1作品目。

賢者の石は、主人公ハリーが11歳でホグワーツ魔法学校に入学するところからスタート。シリーズ1作目、まだ幼さとあどけなさの残る演技が見られるのが魅力。8作品を通して彼らがどんな成長をしていくのか、この子はこんなキャラクターだったなと再確認しながら見るのも楽しい。

視聴方法

amazon prime

あらすじ

全世界に魔法をかけたファンタジー・アドベンチャーの最高傑作、第1章。 孤独な日々を送る少年、ハリー・ポッターの下に「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という手紙が届き…

ハリーポッターと賢者の石 amazon prime video公式サイトより引用

映画の見どころ

▶ベストセラー児童書の映画化

この映画の原作はJ・K・ローリングの処女作「ハリーポッターと賢者の石」。児童書にも関わらず異例のベストセラー。私も母と何度も書店を回り、苦労して手に入れました。

魔法の世界なんてそれまで想像した事もなかったのですが、ページをめくる度に1歩また1歩と魔法の世界に入り込んでいるのがよく分かりました。あまりにも夢中になり過ぎて寝食を忘れるほど。映画化決定がとても嬉しくて友人と見に行ったのを覚えています。

▶今見てもクオリティー高い再現度

この映画で特徴的なのが魔法世界独特のアイテム。シリーズ1作目だと「組み分け帽子」「箒」「フクロウ」。それから魔法学校で出てくる「豪華な食事」。クオリティーの高い児童書の再現に感動します。

箒で空を飛ぶシーンや魔法を練習するシーン、対戦シーンなどではCGを利用していると思うのですが、「気分の高揚」が表情からよく見れます。シリーズ1作目だとまだ演技の経験が浅い子もいるはずなのにすごい。

▶今週末からファンタスティックビーストが放送

先週でハリーポッターシリーズは終了。今週末からファンタスティックビーストの放送がスタート。ファンタスティックビーストは特に2作目が好き。大好きなゾーイ・クラヴィッツが出演しているから。

映画詳細

映画タイトル
ハリーポッターと賢者の石

劇場公開 2001年12月1日

上映時間▶152分

出演キャスト▶
ハリー・ポッター役 ダニエル・ラドクリフ
ハーマイオニー・グレンジャー役 エマ・ワトソン
ロナルド(ロン)・ウィーズリーー役 ルパート・グリント
アルバス・ダンブルドア役 リチャード・ハリス 
ミネルバ・マクゴナガル役 マギー・スミス

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

ともぴん

コメント

タイトルとURLをコピーしました