シックス・センス

映画

視聴方法


配信中
amazon prime video
×
配信なし
NET FLIX
Tver
ABEMA プライム
hulu

あらすじ

あらすじ

物語は、精神科医であるマルコム・クロウ(ブルース・ウィリス)が、彼の患者である少年コール(ヘイリー・ジョエル・オスメント)を治療することから始まります。
コールは特殊な能力を持っており、死者と対話することができると告白します。マルコムは最初は懐疑的ですが、次第にコールの話が事実であることを理解します。
コールは死者たちが未練を抱えていることを知り、それが彼らが生前成し遂げられなかったことに関係していることを伝えます。物語は、マルコムがコールの能力を信じ込む過程と同時に、彼が自身の人間関係で抱えている問題にも焦点を当てています。

映画の見どころ

▶1999年は映画の当たり年!勿論、この作品も

この作品、母と一緒にビデオで見て。最初怖かったのに見終わった後、とても心が温かくなって。今でも最初に見た時の感動を覚えています。グリーン・マイルを紹介した時に少し書いたのですが、この映画が公開された1999年は現在も「名作」と呼ばれる映画が多数公開されています。

▶え、ブルース・ウィリスだったの

コール役のヘイリー・ジョエル・オスメントの演技もさることながら、私が驚いたのが「え、あなたブルース・ウィリスだったんですか」。ブルース演じるマルコムって寡黙なお医者さんで。ブルース・ウィリスって「男、筋肉、アクション」なイメージがあり今まで気付いていなかったです!!!

▶撮り方が上手い

この映画、撮り方が上手いんですよ。まず「幽霊の描き方」。どうやったら人を怖く撮れるか知ってて、かつ人が怖いと感じるものが何かをよく知っている監督だと思う。

私は、女の子の幽霊がとても怖くてしばらくテーブルクロスがかけられたお店に行けませんでした。今でもちょっとトラウマ。

もう1つ。「本当は居ない存在」の描き方も上手い。ラストに驚きの仕掛けがあって、でも「だからか!」と納得出来る伏線が沢山あるのもこの映画の魅力。その伏線は全てこの描き方の上手さにあると思っている。

▶あっと驚くけど心温まる最後

この映画、見終わった後「すごく良い映画だったなぁ」と思ったんですよ。そして思って貰える自信があるのだけど。前半結構怖いんですよ。
ただこの「幽霊こわっ」と感じる部分がとても大事。後半に向けて、その怖くて不気味な部分が好転するから。怖い!って思ったからこそ心温まる結果になる。なので、とにかく前半の怖くて不気味な部分は我慢して見て欲しい。としか言えない。

映画について

映画タイトル
シックス・センス

製作▶1999年
劇場公開 1999年10月30日

上映時間▶107分

出演キャスト▶
マルコム役 ブルース・ウィリス
コール役 ハーレイ・ジョエル・オスメント

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

ともぴん

コメント

タイトルとURLをコピーしました