上手に会話がしたいなら?交互じゃんけん

日常

マウンティングと面倒な会話の対処法を夫に学ぶ

会話が苦手

わたしは人と会話をする事に苦手意識があります。初対面や慣れ親しんだ間柄でも喋った後、脇や手のひらが汗でぐっしょり。失礼な事を言っていないか、はしゃぎ過ぎていないか、色々な事を気にしてしまいイマイチ会話を楽しめない。

そんなわたしが頼りにしているのは 20年ルートセールスをしている夫。誰とでも抵抗なく話す事が出来、人からの印象も良い。会話で困った事があった日、変な事言っちゃったかも?と気になる夜は夫に話を聞いてもらいます。対人関係や会話の悩みに関しては本当に頼りになる存在です。

会話は交互に出すじゃんけん?

先日、マウンティング(会話で自分の立場が上である事をアピールすること)の上手な対処法、答えたくない質問の対処法を教えて貰っている時 夫が 会話って 交互にするじゃんけんみたいだよね と言っていたんです。相手が出してきた会話をじゃんけんの 勝ち・あいこ・負けの3種類 に分ける。するとどんな言葉を返したら良いのかが分かりやすくなる。夫はそう言うのです。

確かに よほど仲の良い友達や家族でない限り 会話は 話を弾ませるより気持ち良い空気感を保つ事の方が大切

気持ち良い空気感でする会話は 変におべっかを使ったりせず 相手の会話に自然と合わせられ 自然と会話が弾んでいきます。上手に会話が出来るようになるには 相手が言っている事が何を意味するのか? をしっかり理解し 合う返しをしていけない。

どんな相手にもひるまなくなる

会話は本当に交互じゃんけんになるのか?
考えてみた時、確かに当てはまっているかも!と感じる出来事を思い出しました。先日、たまたま同じ話を別々の人に話す事があったのですが その反応がまさしく 勝ち・あいこ・負け の3種類だった。

その時は まだ交互じゃんけんの話を聞く前だったので どの会話にも えへへ~ と返してしまいましたが 今だったら 会話を返す時違う対応が出来るのに! とちょっと悔しい。

上手に会話を続けさせる努力が必要になるのは あいこを狙ってくれる人だけ。勝ちたいんだな、と思う会話をする人は持ち上げて向こうに気持ちよく喋って貰い、負けてくる人にはありがとうと伝えてスルーする。エネルギーを注ぐべきなのは あいこを狙ってくれる人と楽しく会話を続けること!

自分のフィールドに引きずり込む

とは言え肝心のあいこが来ても 会話が続かない!出来ない!弾まない! 分かる、分かる、赤べこのように頷く。夫に 会話が長続きする話題の選び方 も聞いてみました。

ズバリ、会話が長続きするコツは 自分の得意なフィールドに相手を引きずり込むこと

夫は 食べるのが大好きな人です。初めて会う人やまだ関係性の温まっていない人と長時間過ごす時は出身地を聞いて有名な食べ物の話を聞いたり美味しいお店について聞いて会話を盛り上げるそうです。(ラーメン屋とか定食屋とか縛りがあると尚良いそうです)

そこで わたしだったら どんな事を話のネタにすると良いのか? 一緒に考えて貰いました。わたしには老後に夫と 茨城県全部の都市&47都道府県に遊びに行く という夢があります。茨城からの交通手段や居住している土浦からたどり着ける時間、行程、交通手段などを聞いてみる事を話題に出来るのではないか?と考えてくれました。

夫曰く 将来、●●しようと思って とか わたし◎◎が好きで という人となりや人柄が分かる事を(大義名分的な)自己開示すると 相手が話しやすくなるらしいです。 世界遺産や名所、寺社仏閣なども良い話題になりそうですね!

またコロナが増えてきてしまったので 会話を試す機会はまだ遠そうですが 頭の中にいれておけば 緊張せず楽しく会話が出来るかな。 と思っています。

応援クリックありがとうございます♪更新の励みになります!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

ともぴん

コメント

タイトルとURLをコピーしました