講師に向いている人とは

日常

会話が苦手な人は講師に向いていないのか?自身の経験から思う事

会話するのは苦手でも

わたしは人と会話するのが苦手なタイプです。普段のわたしはマンツーマンだと自然に会話が出来るのに 相手が増えるにつれ静かになり 貝のように押し黙るタイプ。普段のわたしを知っている人が あの人 講師業やってるんだって! と聞いたらさぞや驚く事でしょう。

実際、わたし自身 講師業をやろう! と考え講師になったわけではなく ひょんな事から講師になました。けれども実際に5年間講師をして 意外と合うかも と感じたのは人に教えるのと上手に会話をするのは全く違う事だ と感じたから

面白い話<分かりやすい話

上手い会話と聞いてイメージするのは 聞いていて笑ってしまう話やオチが最高に面白い話。わたしの友人でも話が面白いコが居て 同じ事を話しているのに話の聞こえ方、受け取り方が全然違う。とっても面白い。一緒に居たから起きた事もオチも全部知っているのに聞きたくなってしまう程。

話が逸れました。実は 講師業において 話の上手さ は必須スキルではありません。講師業で大切なスキルは 聞き取りやすい声やスピード、話の構成力、適切な事例 この3つ。会話が上手になるには話題を選ぶセンス、空気が読める、話すテンポなど高度なスキル、経験が必要なのに対し 講師業に必要な3つの要素は後から充分身に着ける事が可能です。

講師は何かしらのテーマを誰かに教える(伝える)がメインの仕事。業種は様々ですが 聞いている人(受講生)に対し教えるスタイル。人との会話が双方向の意見交換ならば 講師業はパフォーマンスに近い。勿論、質問回答など双方向の意見交換の時間もありますが圧倒的にパフォーマンスをしている時間の方が長いです。

最低限抑えるポイント

まず 大切なのは 声や話すスピード。苦手な音や声など 耳で感じる不快は 目の不快よりごまかしが効かない。聞き取りやすい声を意識し、抑揚をつけて話す。それだけで台本通りの事を話していても 小さい声でボソボソと話す より相手へ内容が伝わりやすくなる。

続いて 話の構成力 同じ事を伝えるのにも 分かりやすく説明するのと面白おかしく説明するのでは 話の構成が全く変わってくる。 分かりやすく伝えるには 結論、話しの流れ、タイムスケジュールを考えた上で話しを組み立てていく事が大切分かりやすく説明するには物事を順序立て話していく必要があるのです。

憶えておいて頂きたいのは 面白い話=分かりやすい話ではない。面白い話を出来た事がない という方も安心して講師を目指して欲しいと思うのです。わたしは友人から ともぴんの話はオチがない と言われ続けていました。が、講師としては 分かりやすく教えてくれる先生 と高評価を貰っていました。

最後に大切なのが 適切な事例選び。実はこれが簡単なようで最も難しい。説明をする時

例えば ●●のような状況で

先日 ●●な現場があって

と事例を出す事があります。この事例選びを間違えると話が逸れ 肝心の伝えたい事から大きく外れてしまう。事例は 伝えたい事を分かりやすく伝えるため に出す物。話の本筋から離れすぎてしまったり、事例が面白すぎてそちらが印象に残ってしまうと 面白いけど内容が全く入らない講座が完成します。ひどい時は 講座中、自分が何を話しているのか分からなるんだとか!

事例を使う時は ここでは何を印象つけたいんだろう?どういう風に理解して欲しいんだろう?と考え伝えたい事から脱線せず戻ってこれるボリュームで 理解しやすい事例を選ぶ事が大切です。

口下手でも講師になって良い!

聞き取りやすい声やスピード、話の構成力、分かりやすい事例。上手に会話をするのに必要なのは話題選び、間を読む力、話のテンポ。似ているようで 実は全然違うのです。たま~に教えるのも会話も上手な先生が居ます。きっと 頭の中が常に車ギアチェンジのように動いているのでしょうね。そういう先生を見かけると 心の底から羨ましい! と思っていました(笑)わたしは教えるのには特化しているものの 会話になるとポンコツでしたから(笑)

今、副業解禁などで 1億総発信時代 なんて言われています(漢字、あってないかも)
コロナで働き方や時間の使い方が大きく変わった事により わたしの元にも友人から

動画配信をしてみたいけど話すの苦手で

●●の作り方を教えてって言われるんだけど わたしにそんなの無理!

なんて相談が。上記に記した事を伝えて 教えるのと話すのは違う と話し(1回では理解出来ない。何度も説明。)分かってくれ 徐々に行動し楽しんで活動しているのを見るのは 何より嬉しい事でした。口下手だけど 誰かに伝えたい。話す仕事をしてみたい。その気持ちだけで充分一歩を踏み出しています。講師をやってみたいと思っている方へ この記事が心ばかりのエールになれば嬉しいです。

応援クリックありがとうございます♪更新の励みになります

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

ともぴん

コメント

タイトルとURLをコピーしました